topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21日目 インダス文明とメソポタミア文明を繋ぐアラビア湾岸文明 - 2015.09.10 Thu

中東にむけての水先案内人の講演は
神戸山手大学で南アジア地域の研究をされている小磯学教授のお話。
これから続く2つの寄港地、ドバイ、ドーハは
インダス文明とメソポタミア文明が交わり、東西世界の交流や貿易が盛んに行われた地域。
紅玉髄(カーネリアン)の話を中心に重要性が語られ
寄港地の知的理解とワクワク感を高めます。

CIMG4173.jpg

この地域
香りの視点からも重要なエリア。

そしてこのエリアといえば
乳香と没薬、
英語名でフランキンセンスとミルラ。

「フランキンセンスとミルラを産する樹木はアラビア半島南部から北東アフリカの荒涼とした砂漠地帯だけに生育する。
炭火の上で焚くと立ち上る独特の甘い妙香は王や神官を魅了し、すでに前2千年紀にはオリエント世界全土に陸路、海路を通じて流通していたらしい。」(『香りのシルクロードー古代エジプトから現代までー』古代オリエント博物館、岡山市立オリエント美術館編19pより)

GSリラクセーションタイムは
そんな香りの逸話とともに、フランキンセンスの香りを体験してもらいます。

やっぱり
香りは時空を超えます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

20日目 海賊域に入り対策がはじまりました «  | BLOG TOP |  » 22日目 ホルムズ海峡を通行し日本に想いを馳せました

プロフィール

RIM SAFARI

Author:RIM SAFARI
自然療法が得意な臨床心理士としてメンタルヘルス&ホスピタリティに従事しています。ピースボートグローバルスクールという引きこもりの若者向けプログラム同行カウンセラーとして世界一周の船に乗ったおはなしです。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。