topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GS、引きこもりという現象について考えた3日目 - 2015.08.23 Sun

「生きづらさを抱えている若者が近くにいる人?」という呼びかけから始まった、一般の乗船者向けGSについての講座。200人近い方が参加されるなか、半分以上の方が手をあげました。

GSグローバルスクールというプログラムについて
今から5年前に
立ち上げた直さんが経緯など語ります。
この5年間で8期が開講されて114名卒業。
確実に効果をあげています。

GS1期生として
高校3年生の夏に船に乗ったルミちゃん。
当時は不登校、そして高校を中退してピースボートに乗りました。10月の下船後、大検を経て、2月にはICUに見事合格。
多様性を認める大学で生活を満喫し、今回スタッフとして乗船。
落ち着いたいろんな価値観を認める笑顔は周囲を癒し、GS1期生のときに身につけた太鼓を後輩たちに指導したりして大活躍です。

学校いかないというのは選択のひとつ

私も1学期に一回は
自主休校していたなぁ。。。

不登校、引きこもり、ニート。
ある現象をいろいろな角度で表しているけれど
決してそれがすべての人格ではない。
人としてたくさん勉強しているしみんな深く世の中見ています。
本当にみんなから学びます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

精油と音楽に救われた2日目 «  | BLOG TOP |  » 初寄港地フィリピンセブ島への上陸準備がはじまった4日目

プロフィール

RIM SAFARI

Author:RIM SAFARI
自然療法が得意な臨床心理士としてメンタルヘルス&ホスピタリティに従事しています。ピースボートグローバルスクールという引きこもりの若者向けプログラム同行カウンセラーとして世界一周の船に乗ったおはなしです。

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。